読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の日記そのn

これでブログを始めたのは何度目だろうか… 三日坊主です King Crimsonとギターと楽天イーグルスとパワプロのペナントが好きです

6/21 11時

 先ほどの授業は終わってしまって、教室には最早居場所がなくなった。ので、図書館に来た。実は僕が所属している学群には「端末」と呼ばれるパソコン室があり、24時間営業かつPCもサクサク快適駆動なのだが、いかんせん知り合いが多い。知り合いが多い所には行きたくない(後で気づいたが、二度も同じことを打っていた。気持ちの表れか、徹夜の疲れか…。後者だけだと思いたい。まだ社会不適合者にはなりたくない)。じゃあお前の住んでいるつくばはさぞかし地獄なんだろうな、と突っ込まれるかもしれないが、その通り地獄である。うかうか散歩もしてられねぇ、というのはさすがに自意識過剰かもしれないが、自分はそういう人間として、そういう人格として(結果的に)形成された人間である。いや話がそれた。とにかく、知り合いの多い場所が嫌なので、キーボードが押しにくく、スペックはいいが酷使の結果重くなってしまったPCしかない図書館に来たわけだ。便所飯みたいなもんだね。自動的な「おめぇの席、ねぇから!」状態である。うーむ、教育とはおそろc(あくまで冗談です)。ま、このブログをひょっこり知り合いに見られても困るしね。

 実はこの時間、本来は実習の資料に目を通していなければいけなかった時間帯なのだが、まぁ身勝手な自分ときたら自己陶酔に浸っている。昨日おととい三日前と加害作業に不参加だったとは到底思えない行動である。やる気がないというか、ただ乗りしようとしているというか、そもそもこの実習に参加している意義が感じられないとか…。いいや言い訳に走ってはいけない。自分がサボることで、実質班長にしわ寄せがいく。偉大な我らが班は一部の人間(なんと、そのなかに本物班長もいる!)が一騎当千、ほかモブがボケーっとしてうんうんうなずいたり、何か考えたり、スマホいじったりという有様なので、彼らをパンクさせない程度に仕事をする、というのが我らがフリーライダーズ(仮)(ここで自己肯定して開き直ってはいけない!あくまで(仮)なんだからね!(仮)!))のが役割である。結局開き直ってるやないかい。

 というわけでほんの少しの自己嫌悪と、今後の人間関係への不安が生じてきたのでいい加減に書くの止めます。アディオス。